ギャラリー創 作品紹介 「置き字 梅」

「置き字 梅」
作家名
木庵
作品名
「置き字 梅」
寸 法
本紙:54.3×111.3㎝
総丈:156.1×117.6㎝
手 法
紙本・墨
備 考
■画面右上に関防印「臨済正宗」
■画面左にサイン「黄檗木庵老人書」、印「木庵瑫印」「正法永昌」
■賛「塵勞逈脱事非常/緊把繩頭做一場/不是一番寒徹骨/爭得梅花撲鼻香」
( 塵勞、逈かに脱する事は、常に非ず、緊く繩頭を把って做すこと一場せよ。
是れ一番、寒、骨に徹するにあらずんば、爭でか梅花の鼻を撲って香ることを得ん。)
※意訳
「煩悩からすっかり抜け出すことは並大抵なことではない。
気持ちを引き締め直して、もうひとつ頑張れ。梅にしたって、
徹底した寒さに一度あうからこそ、よい香りが人の鼻にプーン
と香ることができるのだ。」
■黄檗希運禅師『宛陵録』の末尾に出る頌

上記作品についてのお問い合せはこちらから送信お願いします。

お電話・メールでのお問い合せも承っております

TEL: 075-251-0522
E-Mail: info@gallery-so.co.jp

↑ PAGE TOP