ギャラリー創 作品紹介 「竹林七賢・商山四皓図屏風(六曲一双)」

「竹林七賢・商山四皓図屏風(六曲一双)」
作家名
狩野常信
作品名
「竹林七賢・商山四皓図屏風(六曲一双)」
寸 法
右隻 本紙:166.1×362.2㎝
   総丈:181.2×379.0㎝
左隻 本紙:165.8×362.2㎝
   総丈:181.8×378.2㎝
手 法
紙本・金地・彩色
制作年
乙未春日(1655年)
備 考
■右隻一扇 右にサイン「乙未春日 常信筆」、印「常信」
■左隻六扇 左にサイン「常信筆」、印「常信」
■『近世の屏風絵』展(1988年/於、兵庫県立歴史博物館)
 出品作品 図版№5
※狩野 常信(1636~1713)
江戸時代前期の御用絵師。父・狩野尚信(1607~1650)の没後、15歳で木挽町狩野家を継ぐ。叔父にあたる狩野探幽(1602~1674)に画を学んだとされ、後に幕府の奥絵師となる。元信・永徳・探幽とともに狩野派の四大家の一人と称された。

上記作品についてのお問い合せはこちらから送信お願いします。

お電話・メールでのお問い合せも承っております

TEL: 075-251-0522
E-Mail: info@gallery-so.co.jp

↑ PAGE TOP